スクエアダンス紹介

Introduction

スクエアダンス(Square Dance)とは

スクエアダンスはカントリー&ウェスタンの音楽にのって4カップル、8人が一組(1セット)となって踊る歩くことが中心のダンスです。
アメリカの西部開拓時代に産まれ、音楽に合わせて軽快に歩きながら踊ります。現在はカントリー&ウェスタンだけでなくアメリカンポップスなどのも使われます。
踊り方はコーラーと言われる人が即興で動作を指示し、ダンサーは指示通りに音楽に合わせて踊り、パズル的な頭を使う面白さもあります。
本場はアメリカで、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、台湾、シンガポール、韓国、中国など世界中で踊られています。海外で、スクエアダンスパーティーに参加することも可能です。日本では北海道から沖縄まで535のクラブ、15,000人以上の愛好者が趣味として踊っています。

スクエアダンスを始めるには

Basicと呼ばれる基礎的な約50の動作を覚える「初心者講習会」(ビギナー講習会)を修了すれば、一通り踊れる様になります。ご自分の都合の良い場所や時間帯に合わせ、例会や初心者講習会などを行っているクラブを探して連絡してみてください。きっと見つかると思います。

スクエアダンスクラブの活動

各クラブは定例的な練習会(例会と呼びます)を行い、動作の復習、新しい動きの練習を行います。毎年「初心者講習会」を実施し、新しい仲間を増やしています。アニバーサリー(創立記念パーティー)を開催したり、また地域への貢献にも力を入れています。クラブ紹介のページをご覧ください。

★パーティー:スクエアダンス愛好者が大勢集まって踊る催しもののこと。

☆スクエアダンス☆
4つのカップルが内側を向き、向かい会います(1セットと言います)。踊り方は決まったステップは有りません。コーラーと言われる人が音楽にのり、英語で動作を指示します。ダンサーはコーラーの指示通りに音楽に合わせて、8人で形態を変化させながら歩いて踊ります。

☆ラウンドダンス☆
アメリカで生まれ育ったカップルで踊るダンスでスクエアダンスのパーティや例会の合間で踊られることが多くあります。ワルツ、ルンバ、ツーステップ、チャチャなどのステップがあり、「キュアー」と呼ばれる人の動作の指示に従って踊ります。踊りは映画音楽、ポピュラーのヒット曲などに振付けられています。

☆カントリー&ウエスタンラインダンス☆
カントリー・ウエスタンの曲に合わせて振付けられたアメリカで生まれたダンスです。 1人で踊るダンスで一列になって(ライン形態)になって全員が決められたステップで踊ります。